糖質ってどうして太るの?

糖質ってどうして太るの?

糖質の取りすぎはどうして太る原因になるのでしょうか。糖質を摂ると太るということは常識として語られていますが、理由を知らないという人も多いと思います。糖質は筋肉や脳の働きで必要となります。瞬間的に大きな力を発揮したいとき、脳の集中力を高めたいときに糖分を摂取することですぐにエネルギーに変わり力を発揮してくれるというわけです。脂肪も同じようにエネルギーとして使われますが、脂肪はエネルギーとして使われるまでには時間がかかり瞬間的な力にはなりにくいという問題があります。その点糖質はすぐにエネルギーに変わるため素早く消費もされるということになります。こうしてみると糖質は太りにくいような感じもしますが、いくつか問題があります。糖質がエネルギーとして使われれるのは1日当たり100グラム程度。これは肝臓の働きがそうなっているからで、それ以上の糖質を摂取してしまうと残りはみんな脂肪に変わり蓄えられていきます。どんなに運動量を増やしてみても消費量を増やすことはできません。そして多くの人間の主食は炭水化物です。1日100グラムまでと制限して生活をすることはまずできません。普段の食生活の中で消費できない糖質が大量に蓄えられていくということが糖質によって太ってしまう理由なのです。さらに血糖値の上昇を速めてしまい太りやすい条件を作ってしまうためより一層太りやすくなっていきます。糖質の取りすぎを控えていくこと、変わった脂肪は毎日消費していくことを心がけていくことがダイエットでは大事になるのです。十分な朝食をとったにも関わらず、お昼を迎える前にお腹がすいてしまうなんて経験は誰にでもあると思います。若い人は代謝がいいからとか言われるけど、若さに関係なくお腹がすいてしまうこともあります。お昼前にお腹がすいてしまう原因は一つに絞ることはできません。単純に量が少なかった、栄養のバランスが悪く体に足りていない栄養を補給するために脳が食べるように命令を出している、血糖値が急激に上がるような食べ方をしてしまったなどといった理由でお昼前にお腹がすいてしまうことはよくあるのです。原因が様々である以上対策もそれに合わせて行うことが大事なのですが、原因を特定できない人は朝食に卵料理を入れてみるといいかもしれません。卵には食欲を抑える働きがあります。その結果1日の摂取カロリーが平均して下がるというデータもあります。なんとなく太りそうなイメージがあるかもしれませんが卵はダイエットにも効果的なのです。卵が食欲を抑えることができる理由は食事中の血糖値の上昇を防ぐことができるからです。お腹がすいている状態のときに炭水化物を中心に慌てて食べると血糖値は急上昇します。上昇した血糖値はインスリンの働きで急激に低下しますが、この血糖値の乱高下がお腹を空かせてしまう理由になります。血糖値の動きは食べ方を改善するだけでも解決できますが、忙しい朝はゆっくりできないという人は卵を使った料理を取り入れて空腹問題を解決してみてはいかがでしょうか。美容室 表参道 ヘアサロン カラー トリートメント 人気 口コミ メンズ