トータルアドバイス

トータルアドバイス

ヘアスタイルがその人の印象を大きく変える、とはいってもヘアスタイルだけがキレイになったのでは物足らないでしょう。やはりメイク、ファッション、スタイル、などすべてにおいてトータル的に「キレイ」と言われたいものです。美容師の中にはトータルアドバイスの出来るセンスの良い美容師もいて、あとえば自分が無いたいヘアスタイルを伝えた時に、既にそのお客さんのその日のファッションなどをチェックしていて、それが普段のお客さんの姿であるならば、そのヘアスタイルで良いかどうか、という事を判断する事が出来るものです。普段から来店時の様なファッションをしているのであれば、別のヘアスタイルの方が良い、とか、そのヘアスタイルにこだわるならどのようなファッションをするとよりそのヘアスタイルが似合うか、といった事もアドバイスしてくれそうです。それに対してはお客さんの方でもキレイになることに関してトータル的に考えたいのだ、という意欲を見せる事も必要でしょう。このお客さんはトータル的にキレイになりたいのだな、と美容師に思わせる事は、ある意味美容師をやる気にさせます。美容師なりのセンスや知識を駆使して喜んでアドバイスをしてくれる事でしょう。美容師はあるいみそういったトータルアドバイザーの役割も持っているのです。同じ料金ならばアドバイスしてもらった方が特ですよね。ヘアスタイルに関して残念な結果になりがちなのはいわゆる「美容室難民」と呼ばれている人たちでしょう。美容室難民とは自分に合った行きつけの美容室を決める事が出来なくて、新しい美容室を試してばかりいる人たちの事です。本人たちの言い分としては「自分に合った美容室が無い」という事になるのでしょうけれども、行きつけの美容室にするためには、一度の来店で判断しない方が良いケースも有ります。美容室とお客さんの関係というのは信頼関係を築きながら成り立って行くもので、お客さんの方も美容師を理解しようとする事、そして美容師もお客さんに対して「キレイにしてあげよう」という気持ちを持つことが大切なんですよね。ですから難民状態でいる人は、おそらくクーポンか何か特典のある美容室へいってみて、大したことなかった、割引があったんだからこの程度、という事で次回の来店をしないままにしているのだと思われます。一度定価でも良いのでじっくりと自分で探した美容室へいってみるのはどうでしょうか。たとえその時には「普通だな」と思ったとしても、そこでトラブルも無く悪くはない、と感じたのであればもう一度その美容室へいってみるとよいのではないでしょうか。自分の人生を変えてくれるような美容師に出会いたいならば、クーポン目当てではなくキレイにしたいと思わせるようなお客さんになることも大切でしょう。大島 高給与 美容師 求人