白髪が少ない人の対処法

白髪が少ない人の対処法

白髪に悩まされると言っても、一夜にして白髪が増える訳ではありませんし、一度に全部の髪の毛が白くなるわけではありません。つまり白髪に悩まされる、といってもその段階があって、白髪がまだちらほらと見えるぐらいの少ない状態の時と、半分程度の髪の毛が白髪になってしまった場合とでは、その対処法がちがってきますね。白髪の悩みは白髪の量によってだんだんと変わってくるものでしょう。まずは白髪がまだまだ少ない状態の時、それでも白髪は隠してしまいたいものです。そういう時には全体を白髪染めするのではなく、白髪の部分だけに対処する方法の方が髪の毛のダメージも少ないですし、時間も費用も少なくて済みます。例えばマスカラの様な白髪かくしのためのスティックなどもあります。おそらくまだ初期の白髪が気になる部分は生え際や髪を分けた時の分け目でしょう。つまり見えやすいところにあります。見えやすい所、というのは人からもすぐに気付かれてしまいますが、自分でもすぐに気付くことができますし、見えている分その対処も簡単にできます。生え際や分け目に対して塗ってやれば即座に白髪を隠す事ができます。ただこのタイプの白髪隠しは一時的なもので、シャンプーなどをすれば落ちてしまいます。気になったその時だけに対応できる、と言う事ですね。白髪染めであってもオシャレ染めであっても、髪の毛を染めた部分しか髪色は変化しません。つまり新しく伸びてきた髪の部分は地毛の色で生えて来るわけです。ですから当然伸びてきた部分と既に染めている部分の色が違ってきます。オシャレ染めでよく言われる「プリン状態」というのは明るい髪色に染めた時に伸びてきた頭頂部の部分だけが黒いのでまるでプリンのように見える、という状態を表している言葉ですね。白髪染めでも同じです。白髪を隠したくて地毛に近い色に染めたとしても、白髪を生かして明るい色に染めたとしても、それ以降に生えて来る髪の毛については染める以前の髪色なんですね。ですがそれが気になるから、といってしょっちゅう白髪染めをするわけにはいきません。髪の毛も傷むでしょうし、時間もお金も相当かかってきます。そういう時に便利なのは「リタッチ」です。リタッチとは、伸びてきた部分にだけ色を入れる事で、これなら時間も料金も負担が少なくて済みます。ですが既に染めて定着している部分の色に合わせてリタッチの色を調整するのが難しいと言う難点があるようです。ですからリタッチをする事を想定して、最初に染めた美容室と同じ美容室で、出来るなら同じ美容師さんにお願いする方が良いですね。美容室 鶴瀬 美容院 パーマ トリートメント クーポン ランキング