仕上りを想像してしまっている

仕上りを想像してしまっている

美容室での仕上がりが思ったようにいかない、という悩みを持っている人たちの中には、カウンセリングの時にかなりはっきりとなりたいスタイルをお願いしてる人が多いのでははいでしょうか。なりたいスタイルがはっきりしていて、その仕上がりを自分でもきちんとイメージできている人なんですね。だからこそ仕上がった時に自分が事前に想像していた自分の姿と、実際に仕上がった姿を見た時に「ここが違う」と言う事がはっきりしているんですね。もしもアバウトに「少し短くしてほしい」と思っていただけなら、細かい部分まで仕上がりの想像をしていないので作ってもらったスタイルに関しても別段不満に思わない人が多いと思います。もちろんはっきりオーダーする事が悪い事ではありません。むしろその内容が正しく美容師に伝われば、美容師としてはとても楽だと思うんですね。こまかく「サイドはどうしますか?」「前髪はどのぐらい?」とその都度確認しなくても良いですしね。ですが完璧に想像が出来るそのスタイルを表現する言葉の意味を、美容師が別の意味で受け取ってしまったら、意味がありません。当然仕上がりは自分が想像していたものと違ってくるでしょう。そして自分できちんと意思を持っていた分、その違いに敏感に気付いてしまう結果になってしまうのかもしれません。極端に言えばお客さんがどんなに自信を持ってなりたいヘアスタイルを説明し、美容師の方も自信をもってお客さんのなりたいスタイルを理解したつもりでも、そこには誤差や勘違いが生じる可能性は大いにある訳です。単純なところでは「短くしてください」と言った場合お客さんは「2センチぐらい」と思っていたのに美容師の方は「5センチ切っても良い」と思ってしまった、という事が起これば、当然その仕上がりは全く違う印象になってしまう事でしょう。お客さんも美容師も双方が自分のことばや理解に自信を持っている場合は、更なる確認もしないケースが多いでしょう。美容師の方が自分の頭の中で「短く切る=5センチぐらいは切ってよい」と思っていたのだとすれば、「短くとはどの程度でしょうか?」という質問を発する事もしないかもしれません。そこで生じてしまった3センチの誤差は結果的にはお客さんの顔の印象を大きく変えてしまう結果になってしまいかねません。長すぎたのなら再びカットをして修正すればよいですが、切り過ぎてしまった時にはお客さんにとってはとても残念な結果となります。気の短い人であればクレームとして返金を求められるようなケースに発展する可能性もあり、お客さんとの意思疎通がいかに大切であるか、という事を思わざるを得ませんね。美容室 ヘアサロン 辻堂 カット カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 当日予約