美容室内での販売

美容室内での販売

美容室内ではよく専売品を扱っているものです。その商品をお客さんに買っていただくことも美容室の大きな売り上げの一つとなっているに違いありません。美容室によっては専売品の販売を強化するような月があったりするものです。そういった商品の販売にもレセプショニストが大きく関わることになっている美容室も有ります。今日お客さんが使ったシャンプーやトリートメント、などをさりげなくお勧めする仕事です。ですがこの専売品に関して言えば、お客さんはこの「商品を勧められる」という事が美容室内での大きな不満につながる事が多いのです。ですからそこでいかにお客さんに不快な思いをさせないか、という事もとても大切です。どうみても買いたくない素振りをしているお客さんに深追いをしない事は勿論ですが、手当たり次第勧めたり、長い説明などは嫌がられる原因となります。逆にせっかくお客さんが欲しい、といっているのに在庫切れである、というようなケースもせっかくの売り上げのチャンスを逃してしまう事になります。商品の販売をレセプショニストが行っている場合、そういった在庫管理もレセプショニストの仕事であるケースが多いようです。いつも同じ商品を買って下さるお客さんが来店する時には少し気に留めておくぐらいの気遣いが必要となるでしょう。美容室によってはお客さんにドリンクなどのサービスを行っている所も有ります。待ち時間に提供するところが多いですが、ウエルカムドリンクなどを取り入れている美容室も有りますね。そういう時にはお客様がドリンクの種類を選べるのであれば、まずはきちんと間違えないようにすることが肝心でしょう。そして次に大切になるのが提供するタイミングです。少しでも遅れたりすると次の施術にずれ込んでしまう事になるかもしれません。それはただ時間がずれ込むばかりではなく、せっかく飲物を飲もうとしているお客さんが、ゆっくりと味わえない事になります。そう言った事のない様にタイミングを見計らうセンスが必要とされるでしょう。そのほかにも施術中にお客さんが何か困ってはいないか、と目を配らせることをレセプショニストの仕事している美容室もあるでしょう。気配りと機転の良さ、行動力、臨機応変に対応できる技量が必要とされる仕事だと言えるでしょう。セット面やシャンプー台への案内もレセプショニストが行う美容室も有ります。美容師との連携も重要になってきますね。つまり美容室内において、唯一お客さんでも美容師でもなく、客観的に美容室の中の動きをは見て把握して、皆がスムーズに心地よく過ごせたり働くことができるように導く仕事でもあるでしょう。平井 ヘアサロン 転職 求人