プロの意見に耳を傾ける

プロの意見に耳を傾ける

私達は美容室では確かに「お客さん」です。美容室の方でも近年ではお客さんを呼び込むために色々なサービスをお客さんに提供していますし、来店したお客様の事は神様のごとく丁重に扱ってくれる所が多いです。ですが勘違いしてはならないのは、だからといって私達がプロの美容師よりも髪の毛の知識やヘアスタイルのセンスがある訳ではないんですね。やはりそこはプロの美容師の方が勝っている事は確かです。ですから自分がなりたいスタイルをなにがなんでも美容師に押し付けるのは間違っていますよね。美容師にしてもそういうお客さんが一番困るのではないでしょうか。こんな風になりたいからどうしたらよいか、という事をプロの美容師に相談するのがカウンセリングであって、自分がなりたいスタイルを主張して美容師を説得する時間ではありません。やはりプロの提案やアイディアは素直に受け入れるべきでしょう。結果としてその方が自分は納得できなくても、周囲から見ると評判の良いスタイルになれるに違いありません。美容師さんは自分の言う事を何でも聞いてくれるのが良い美容師なのではなく、持ちあわせている知識や技術で、その人の魅力を最大限に引き出す事が出来るのが優秀な美容師である、という事を忘れてはいけませんよね。最近では自分がなりたい、と思うヘアスタイル画像を見つけるのはとても簡単になってきました。かつてはヘアカタログという雑誌ぐらいしかなかったものですが、最近では画像と言うのはネット上のいたるところに掲載されていて、たとえヘアスタイルを見つけるためのページではなくて、「このヘアスタイル素敵!」と思うような画像を見つける事は度々ありますし、またその画像をスマホなどで簡単に美容室で提示できるようになりました。ですがやはりヘアスタイルと言うのはある一定の方向からみただけの画像では見えない部分があります。実際には正面だけではなくサイドやバック、頭頂部の部分がどうなっているのか、という事が解り辛い画像も実際にはあります。そしてその見えない部分のニュアンスが違えば、全体的な表情も変わってきます。お客さんが自分が見せた画像通りに仕上がっていない、という時にはそういうことが原因であるケースも多々あるのではないでしょうか。美容師が思った通りに作ってくれない、とばかり嘆くよりも、自分が提示した画像は果たしてヘアスタイルの解りやすいものであったのかどうか、という事も考えてみた方がよいかもしれません。画像を見せる場合には、なるべくヘアスタイルを決めるためのページを参考にし、正面だけではなくサイドやバックの画像もあるものを提示する方が解りやすいですね。美容室 綱島 カット トリートメント ヘッドスパ おすすめ 当日予約