プラスα―となる資格や検定

プラスα―となる資格や検定

近年資格や検定試験と言ったものが、自分の経歴の多く受験されている傾向がありますね。就活を控えている学生や転職を考えている人、あるいは今付いている職業でキャリアアップするためのアピールとして資格を取ったり検定試験を受けたりする人は多いものです。美容師も同じです。特に美容師と言う職業は確かに髪の毛に関する事のプロであれば良いのですが、ヘアスタイルというのはヘアスタイルだけ良ければそれでオシャレが成り立つか、というとそうではありませんよね。綺麗な髪の毛や素敵なヘアスタイルと言うのは、その人のメイクやファッションなどとも大きく関係します。ですからお客さんを素敵に変身させたいと思うならば、ファッションセンスやメイクのセンス、カラーセンスなども長けているとお客さんへのアドバイスやトータルコーディネートにも役立ちます。また美容師と言う職業は自分自身もお客さんの見本となるべくおしゃれを心がけたい職業でもあります。そういった場合に、色彩感覚などが研ぎ澄まされている事は、とても役に立つと思われます。美容師が持っていると一目置かれたりお客さんへの対応で役に立つ資格や検定試験というのもたくさん有るようです。実際に仕事の合間を縫っていろいろな試験にチャレンジしている美容師も多い様です。ビューティーコーディネーター検定は、美容師にとってはぜひ学んでほしい内容の検定である、と言えるかもしれません。これは日本ビューティーコーディネーター協会が主催している検定で、1級から3級まであるようです。試験の内容は、スタイリストとお客さんのマッチング、クレームの対応、広報などです。つまり美容室で行うこと全てにおいて知識と行動力を身に付ける事を学ぶと言っても良いでしょう。例えばお客さんのライフスタイルを確認して、その人に合ったケアを的確にアドバイスできる美容師はお客さんにとってはとても頼りになる生活アドバイザーとなるでしょう。その事はお客さんに対しての姿勢ですが、同時に美容室そのものに対する知識をも身に付ける事が求められます。集客、売り上げ、クレーム対応などは勿論ですが、トータルコーディネートを推奨して転売の売り上げにつなげる接客や次回予約をいかにしてもらうか、などお客さんに気持ち良く美容室を利用してもらい、なおかつそれが美容室の売り上げに貢献できるように立ち回れる美容師になることを学ぶものです。一つのテクニックにだけ長けている美容師、というのも魅力的ですが、こういう美容室全般を見渡す事ができる人材が一人でも美容室に居る事は経営者もかなり心強い事でしょう。美容室 ヘアサロン 綱島 カット カラー パーマ おすすめ 安い