ニコチンと髪の毛

ニコチンと髪の毛

ニコチンが頭皮に良くない影響を与える、と言う事は当然その結果髪の毛にも良くない状況になってくる、と言う事です。愛煙家の方々はそうはいっても「ニコチンが頭皮の栄養不足を招くのであれば、そのぶん栄養を摂取する量を増やせばいいじゃないか」と思うかもしれません。ですがそれは実際にはなかなか難しい事です。普段以上に意識して栄養を摂る、と言う事は痛みを感じたり生死にかかわるような事であれば取り組むかもしれませんが、なかなか今は症状が出ていない髪の毛や頭皮のために栄養を見直す、と言う事を忙しい毎日の中で取り入れる事が出来る人は少ないでしょう。それよりも望ましいのはたばこの量を減らす事です。そもそも薄毛や細毛、抜け毛といった症状が煙草を始めたからすぐに現れる、と言う事ではないので、症状が出るまでにはかなり多くのニコチンが体内に取り込まれてしまっていると考えられますし、たとえ「最近髪の毛が薄くなった」と感じたとしても、それが喫煙のせいだ、と思いつく人は少ないと思います。最悪な場合は毛穴から髪の毛が生えて来ることが出来ないぐらいの状況になってしまうのですが、そうなってしまっては取り返しがつきません。それ相応の年齢の方なら「加齢のせいだ」という事も言えるかもしれませんが、若くして髪の毛を失うのはとても残念ですよね。煙草に含まれるニコチンが私たちの体に悪影響を与える事は良く知られているかもしれませんが、それでもタバコをやめられない人はたくさんいる事でしょう。まずは体に及ぼす影響として血の流れが悪くなると言われています。血液の流れと言うのは私達の体中に影響を及ぼします。「手足が冷たい」と言った症状が出ると、血の巡りが悪い、とすぐに思いつくと思いますが、それが頭の末端である頭皮にまで影響している、と言う事はなかなか想像がつかないかもしれません。実は煙草を摂取するとニコチンの影響で血流が悪くなり体温が下がると言われています。それぐらい血流が悪くなると、本来血液が体中に運んでくれるはずの栄養や酸素がうまく回らなくなります。例えば酸素が足りなくなると少し動いただけでも酸素不足になり、疲れを感じる様になります。本来は頭皮にもしっかりと血液が運ばれて健康的な髪の毛を維持する事が出来るのですが、血流が悪くて体の中で栄養不足や酸素不足が起きると、人の身体はまず生きることに対する対応を優先します。ハッキリ言って頭皮に血流が上手く回らなくても人は死にません。ですから本来なら頭皮に廻るはずの酸素や栄養は、後回しにされてしまうんですね。そのため頭皮は固くなってしまいますし健康的な髪の毛が生えるための栄養が届かず、髪の毛の成長が妨げられてしまうんですね。八潮にある美容院