なぜ定休日が月曜日なのか?

なぜ定休日が月曜日なのか?

なぜ定休日が月曜日なのか?

 

美容室の定休日は月曜日の所が多いですよね。土地によっては火曜日の所も多いですが、月曜日か火曜日を定休日にしている美容室が圧倒的に多いものです。これはどういった理由でそうなっているのでしょうか?定休日が多くの美容室で同じなのは、その美容室が公的な団体に所属しているかどうか、と言う事によります。多くの美容室がその土地の団体に所属しているものですが、最近では所属しないで独自にやっている美容室や一つの企業として経営している美容室も出てくるようになりました。ですが今でも月曜日が主に美容室の定休日となっているのは、過去の戦争の影響による名残だと言われています。「美容室」と「戦争」というのは一見何の関係があるのか?と思ってしまうかもしれませんが、当時美容室で人気だったのが電機によるパーマであった事を考えると結びついてくると思います。当時のパーマは「電髪」と呼ばれていて大量の電力が必要ですが。ところが戦争のために使用する電力が増加してくると電力を過度な使用を避けるために「休電日」というのが設けられるようになります。電気が来なければ美容室は営業ができません。これが月曜日だった、というわけです。東京ではこれが火曜日であったためにいまでも火曜日が定休日の美容室が多いんですね。

 

美容師はいつ休めるのか

 

美容師と言う職業では、イメージ的に休みが少ない、と言う事があると思うのです。もちろん美容室は基本的に土日が休みではありません。一般的な会社員や公務員の人たちは土日しか美容室へ通う事が出来ないひとが多いからですね。美容室はどちらかというとサービス業的な面も持ち合わせているので、美容師が土日が休みではないのはもはや仕方のない事でもあります。では美容師はいつが休みなのか、というと美容室が「定休日」としているのは月曜日か火曜日が多いですね。これは公的な団体が定めている定休日であって、その団体に属していなければ、特に月曜や火曜日を休みにする必要はありません。大手の企業型の美容室であれば最近では年中無休を売り言葉にしている美容室も少なくありません。お店が休みなら当然美容師も仕事を休む事が出来る、と考えがちですが、実際にはお店を空けていなくては美容師がやるべき仕事は結構あるようです。ですから結果的に「休みが少ない」と感じる美容師はおおい様で、そのことが働き始める前と後でのギャップとなって、「こんなはずではなかった」と思ってしまう美容師も少なくないようです。最近では随分と美容師の働く環境も整ってきたようですが、それでもまだ一般的な会社員と比べるとその労働条件はハードだと言われています。

 

PICK UP !!

武蔵浦和で美容師の求人

武蔵浦和 美容師 求人

 

美容師の求人なら海老名

海老名 美容師 求人

 

相模大野で人気の美容室

相模大野にある美容院