健康的な生活と髪の毛

健康的な生活と髪の毛

私達は体がだるい、とか、どこかに痛みを感じる、となると自分の身体をチェックしたり少し休んだり労わったりするものです。ですが、私達の髪の毛は痛みを訴えたり少し疲れている、などと感じさせることはあまりありません。たとえ「髪の毛のコンディションが悪い」と感じたとしても、それが自分の体内の状態が原因でそうなっているとは思わない人が殆どでしょう。ですが体に悪い事をする、と言う事は、体の一部である頭皮や髪の毛にも当然同じように悪影響を与えるんですね。髪の毛はハサミで切ってもきつく巻いても髪の毛自体に痛みを感じる事がないので、私達は髪の毛が体の一部であることは忘れがちです。ですが頭皮から生えてくる髪の毛はまぎれも無く私達の体内の一部分である頭皮の部分で作られているものですし、髪の毛を作る栄養分は当然私達が口から摂取したものが栄養となり頭皮にまで運ばれていくんですね。ですから喫煙や飲酒と言った体に対して良くない、とされていることを過度にする事は、臓器や器官に悪いのと同様に髪の毛にも良くないのです。その因果関係を理解していれば、少しは飲酒や喫煙に対して警戒する気持ちが出てくるかもしれませんね。飲酒や喫煙は楽しいですが、自分の髪の毛がそのために薄くなったり抜けたりするのは誰でも嫌だと思います。ヘアスタイルはその人の印象を大きく左右するものですからね。薄毛で悩んでいる人が、かなり飲酒をする習慣のある人で、肝臓を壊してしまってお酒を辞めたらいつのまにか髪の毛がふさふさになってきた、と言う話を聞いたことがあります。これは度が過ぎる飲酒が髪の毛の成長に悪影響を与えていた、と言う事になるエピソードです。飲酒の量は人によって違いますし、その人の肝臓の働き具合がどの程度か解りませんから一概にどれだけ飲んだら髪の毛に悪影響なのか、と言う事は言えませんが、いずれにしても肝臓を痛めてしまうほどの飲酒は髪の毛の成長に関わらず体には良くありませんよね。お酒を楽しんでいる時間には、それがいずれは髪の毛に影響するなんてことは全く考えないで飲んでいる人が殆どです。もしもそのおかげで体を壊したり髪の毛が無くなってしまうと解っていたら、多少はセーブするかもしれませんね。そうはいってもお酒の好きな人はなかなか量を減らしたりお酒を辞める事が出来ません。お酒は人との付き合い、というのもありますから、個人の努力ではどうしようもできない部分も有ります。ですがドクターストップがかかるまでになってしまってからでは取り返しのつかない事もたくさん有ります。毛身の毛も薄くなってしまってからでは、たとえお酒を辞めたとしても元に戻るとは限らない状態になっているかもしれません。やはりお酒はほどほどが良いですね。美容院 調布 トリートメント 白髪染め メンズ 口コミ