髪の毛にも食生活が影響する

髪の毛にも食生活が影響する

かつては抜け毛で悩むのは女性よりも男性の方が多かったと聞いています。いわゆる「ハゲ」というのは男性の悩みである、と思われていました。これは確かにホルモンの関係がある様で、今でも男性の方が薄毛になる可能性は高いと思われます。ですが見逃せないのは近年女性でも抜け毛に悩む人が増えてきている、という事です。これは抜け毛になる原因が男女問わず影響を及ぼしている何かがある、という事を示しているように思われます。これまでは女性の抜け毛と言えば妊娠・出産にともなうホルモンのバランスが崩れる時期だけでした。ですがそれとは関係ない時期に抜け毛で悩む女性たちが増えたのです。そしてこの原因は食生活ではないか、と言われています。確かにかつての生活とは違い、日本人の食生活は大きく変化し、その多くは欧米化してきた事と外食や惣菜の利用が増えた、という事があげられるでしょう。誰もが食材を買って家で調理をしていた時代とは違い、今はすでに調理されているものを口にする確率がかなり増えたんですね。そういった食生活の変化と共に抜け毛で悩む人が増えた、と言えるのかもしれません。髪の毛は体の一部です。よく健康的な体を維持するためには食生活の見直しが大切、といいますが、髪の毛にも影響しているとしたら、まさに髪の毛も体の一部であることを実感できますね。一概には言えませんが、若いうちから抜け毛に悩む人の食生活は、多くは外食や惣菜を利用している人たちである、という見方もあるようです。よく健康的な食生活をするためのポイントは色々なものをバランスよく食べる事である、と言われていますよね。それも大切な事なのですが、もう一つ重要なのは「食べない方が良いものを避ける」と言う事だと言われています。食べない方が良い食品なんてそんなにたくさんあるようには思えませんよね。ですが実は私達が口にしているものの中には本当は口にしない方が良いものもたくさんあるようなんですね。その多くは添加物です。自然食材にこだわって出来るだけ無添加の食材を自分で調理している人なら添加物を出来るだけ避ける事が出来ているかもしれませんが、一般的に私達の食生活において添加物を避ける事はもはや不可能ではないか、といえるような環境になってきました。目には見えませんが、コンビニのお弁当にもスーパーのお総菜にも添加物が多く含まれています。その多くは日持ちをさせる為、腐らせない為、見栄えを良くするため、といった事に使われています。これらの添加物は積もり積もれば体に良くありません。という事は当然体の一部である髪の毛にも良くない影響を与えていると考えられますね。宇都宮の美容院