エアコンによるヘアトラブル

エアコンによるヘアトラブル

冬場になると屋内では家庭でもオフィスでも様々な店内でもエアコンが効いています。このためどこに行っても空気がカラカラになってしまっています。自宅ならば加湿器を併用して湿度をあげることができます。オフィスでも空間全体が乾燥していても、最近ではパーソナル加湿器などが販売されていますから、そう言ったものを利用する事で髪の毛の乾燥を防ぐことが出来ます。また飲食店の店内などで席が選べるのであれば、エアコンの風が直接髪の毛に当たらない場所に座るのが良いでしょう。そういった気遣いをすることで冬場の乾燥の多くは防ぐことができます。またこういった乾燥の時期にはシャンプーの選び方も考えた方が良いですね。市販のシャンプーは多くはアルコール系のものが多く、洗浄力は強いですが必要以上に皮脂を取り除いてしまうケースが多いようです。こういう時期には、できるだけ刺激の少ないシャンプーを使ってケアする方が良いですね。たとえば化学製品のあまり入っていない「石鹸シャンプー」などたお勧めですね。またできるだけ髪の毛の摩擦を避けるために、シャンプーの前には髪の絡まりを解いたり汚れを落とすためのブラッシングを心がけるようにするとよいですね。もちろんこういった事は夏場でも良いヘアケアと言えますが、冬場は特に意識した方が良いですね。秋から冬にかけては特に天気の良い日が続くとちょっとしたことで静電気が起きますよね。この静電気は髪の毛にとっては良くない影響を与えるものなんですね。ブラッシングなどでも静電気が起こるのですが、冬にブラッシングをするのは夏よりも何倍も負担をかけることになっている、と言われています。静電気がおきると髪の毛だけではなく毛根や頭皮にもかなりのダメージを与えてしまう様です。静電気の起きやすさには個人差があるようですが、酷い人はちょっとブラッシングをしただけで髪の毛がまとわりついてしまう、という人もいるようです。よく子供たちが面白がってプラスチック製の下敷きなどで頭をこすって、わざと静電気を起こし、髪の毛を逆立てて遊んだりしますが、この行為は本当はかみの毛や頭皮にとってはNGなんですよね。具体的にはこういう静電気の刺激を多く受けると髪の毛が抜けやすくなってしまう様なんです。確かに静電気は気持ちが悪いですし、時によっては痛みを感じる事もありますが、それと同じことを髪の毛が感じて言える、と考えると、避けた方が良い事が良く解るでしょう。特にブラッシングはほぼ毎日行う物ですから、そのたびに静電気で髪の毛を傷めてしまっていては、冬の間にかなりの負担を髪の毛に与えている事になるでしょう。柏 美容院